トヨタ 60ヴォクシー(VOXY)のエンジンがかからない!ノアも同じ?

ヴォクシー ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー(VOXY)のエンジンがかからないと電話がきました

 

ここでいう、エンジンがかからない時とは、バッテリー上がりではありませんからね。

 

バッテリー上がりと思っていたけどブースターでつないでも、エンジンがかからない時の対象について書いていきます。

 

ARZ60という型になるのですが、結構、多いのであなたもこのような症状になったら参考にしてください。

ヴォクシー(VOXY)のエンジンがかからない!

今回電話をいただいたがお客様の車は60系というわれるヴォクシーに乗っておられます。

 

平成13年11月から発売され平成19年6月まで販売されていた車です。

 

初期の型のヴォクシーになるのですが、よく言われる60系という形になります。

 

そろそろ、寒くなったからバッテリーが悪くなったのかなと思い、お客様のところに。

 

すると、少し様子が違うんですね。

 

鍵を差し込んでまわすのですが、音がしないんです。

 

「カチ、カチ」

 

と音はするのですが、セルモーターが回る音がしないんです。

 

バッテリー上がりだったら、

 

「キュルキュル」

 

と音はするはずですからね。

 

それがないんです。

 

あ!

 

セルモーターが壊れているんだなとなるわけです。

 

ただ、それだけで、セルモーターが壊れていると判断するのはいけないので、

 

ボンネットを開けて、セルモーターがついているところを探し、

 

長い棒でセルモーターをたたきながら、エンジンキーを回します。

 

もし、セルモーターが悪いのでしたら、この方法を試すと数回ならセルモーターが動くことがあります

 

完全にダメな時は動かないのですが、昨日まで動いていて、今日、動かないという車でしたら、間違いなくエンジンがかかるかと思います。

 

ただ、この方法を試すには、人が二人いるんですよね。

 

私の場合は、お客様に鍵を回してもらいました。

 

今回は無事、エンジンがかかりました。

 

もし、セルモーターの場所がわからい場合は、鍵を回してもらう時にバッテリーのそばでカチカチ言っている部品がセルモーターになります。

 

部品がわからない場合は、このような形をしたものになりますので、同じような形を探してみてください。

トヨタ ヴォクシー セルモーター

絶対にバッテリのそばというわけではないので気を付けてくださいね。

 

ヴォクシー(VOXY)とノアは比較的わかりやすいところについていますが、車によっては下から出ないと見えない車もあります。

セルモーターをつつくときに気を付けること、2つ

今回のようにして判別するのが1番簡単なのですが、気を付けてほしいことが二つ

 

1つは金属の棒でたたかないこと、もしという事があるので金属ではたたかないでください。

 

もしというのは、電気がばちっとなることがあります。

 

そうなると、他のところも壊れますからね。

 

気を付けてください。

 

ヒューズが飛んだりして他のところも修理しないといけなくなります。

 

もう1つはたたきすぎないという事です。

 

あなたは大丈夫と思うのですが、なかには、思いっきりたたく方がいます。

 

少し、「コンコン」

 

と叩くだけでエンジンはかかるります。

 

思いっきりたたけばいいというものではありません。

セルモーターは自分でも替えられるのか?

トヨタ ヴォクシーの60系に関しては、自分で交換できなくもありません。

 

どの部品かわかりませんという方は、整備工場へお願いするのがいいかと思います。

 

ただ、車の事が好きな方は、交換できるくらいの作業になります。

 

簡単にいうと、ねじを外して部品を外して、新しい部品を取り付けるだけになります。

 

 

いうのは簡単です(笑)

 

いや~取り換えられるのはわかったけど、部品はどこで買うんです?

という方のために載せておきます。

私はこのようなショップから購入します。

 

安心料ですね。

 

ほかのサイトでもあるのですが、商品が届かなかったり、粗悪品だったりすることがあります。

 

という、不安を少しでも減らすために、私は楽天かAmazon、ヤフーショップで買うようにしております。

 

という事で、自分でも交換はできます。

 

怖い方は自分でしない方がいいですよ!(基本しちゃだめです、自己責任でお願いします)

 

もちはもちやです。

 

専門家に頼みましょう。

ヴォクシー(VOXY)のエンジンがかからない理由、その他

いままではセルモーターが悪かったですが、普通というか1番多いのはセルモーターが悪くなるのではなく、バッテリーです。

 

これからは、寒くなりますから、バッテリー上がりは増えてくるかと思います。

 

バッテリー上がりの症状としては、鍵を回すとキュルキュルと音がすることですね。

 

もしくは、室内灯などを付けていてバッテリーが上がった場合は、カチカチという音もしないかと思います。

 

この2つを疑いながら調べていきますね。

 

バッテリー上がりでしたら、ブースターケーブルでつなげればエンジンかかりますからね。

 

セルモーターが悪い場合はエンジンかかりません。

 

バッテリーが上がった場合は、できるだけ早くバッテリーを交換してください。

 

じゃないと、また、バッテリーが上がる可能性があります。

 

特に、新車からバッテリーを交換してない場合は早めの交換をお勧めします。

 

理由は、新車の時のバッテリーは少し小さいサイズが付いているからです。

ヴォクシー(VOXY)とノアは同じなの?

初期型のヴォクシーはその当時販売されていた、ノアと同じエンジンになります。

 

という事は同じようなところが壊れるんですね。

 

という事で、エンジンがかからないという時は、ノアも同じように疑いましょう。

 

壊れるところは大体同じですからね!

 

後、初期のアルファードも同じような症状がでます。

まとめ

トヨタ ヴォクシー(VOXY)のエンジンがかからない!ノアも同じ?という事で記事を書いてきました。

 

車種車種で壊れるところはある程度決まっています。

 

あ、またかと思う場合はすぐに対応できるからいいのですが、そうでない時はお客様に迷惑をかけてしまいます。

 

その時が1番困りますね。

新車の値引き金額からさらに、50万安くなる裏技とは?

「車種を比較する時間がない・・・」 「値引き交渉したいけど、苦手だ・・・」 「新車を最安値で手に入れたい・・・」 「この車が欲しいが、予算オーバーだ・・・」 「車の売り込みが嫌だ~・・・」


など、新車を購入する時の悩みはたくさんあります。

しかも、相談する相手もなかなかいませんし、

聞いてもらってもお金をくれるわけではありません。

そんな方におススメの裏技を紹介します。
お金はもらえませんが、出費は減るかもしれません。 下取りは必ず一括査定サイトを使う事!
することはただ一つ

下取りは必ず一括査定サイトを使う事です。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社、

最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれます。

あなたがする事は、車検証に書かれている事と車の事を記入するだけ
車の査定を、めんどくさいと後回しにするのは損ですよ! 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました