プラグ交換の時期や工賃費用はいくらかかる?車種で金額が違うのか?

今回はプラグの交換時期や工賃費用について書いていこうと思います。
車って、メンテナンスにお金がかかります。

プラグぐらいなら自分で交換するという方も多いかと思いますが、プラグ交換する時は専用工具が必要ですので考えものです。
オートバックスやディラーでプラグ交換をしたらどれくらいかかるのかも書いてみました。

プラグ交換をオートバックスでしたらいくら

プラグ交換をオートバックスでしたらいくらかかるのかなと思ったので聞いてみました。
当然ですが、車種で違うとの事!

私

ごもっとも、大体で言うと!

と言ったら、

店員さん
店員さん

最近のプラグは安くないので結構いい値段しますよ

しかも、プラグは本数でも変わってくるので、その車についているプラグが安ければいいけど高いと軽自動車でも1万以上になる事もあるとの事です。
通常は4千円くらいではないかとの事ですが、現在、一概に言えないとの事

白金プラグなどにUPグレードされる方もいるので何とも言えないそうです。
まずは、相談して欲しいとの事です。

金額を聞かずにこれくらいだろと思って交換して、請求書を見てビックリされる方がいるとの事です。

ディーラーでプラグ交換の工賃はいくらするのか

どこのディーラーがいう訳ではありませんが、通常、プラグ交換だけを頼むと結構高くなります。

車検や点検と同時にすると、車検項目にプラグの点検などもありますから少しだけ安くなるはずです。
(指数というのがあり、車検の時はその指数が安くなるからです)

ただ、車検などではプラグの点検をしないディーラーもいるかもしれません。
通常は1本400円から5000円までプラグがありますので、気筒数分プラグがいります。
ディーラーですので、工賃4000円以上は覚悟しておいた方がいいかと思います!

ビックリする値段はこちらに書いております。

プラグ交換時期はどれくらいの頻度で交換するか?

プラグの交換時期ですが、プラグの種類で違います。
では、どのようなプラグがあるかというと

・  普通のプラグ!
・  白金プラグ
・  イリジウムプラグ

が有名なところですね。
ところで、プラグの寿命ですが、ディーラーや用品販売店などの推奨期間はメチャクチャ短いです。
一般的なプラグですと15,000キロから20,000キロの間となっております。

つまり、車検ごとの交換を推奨していることになりますね。
ま、その代わりと言ってはなんですが、1本当たりの金額が安いです。
この件は後で書きますね。

白金プラグとイリジウムプラグですが、こちらは100,000キロでの交換と言われております。
タイミング交換が必要な車はちょうど同じ時期に交換となるわけですね。

ただ、ここからは私の個人的な意見です!

整備をされている方の意見ではありませんので、絶対ではないことを頭に入れて読んでください。
一般的なプラグですと15,000キロから20,000キロの間と言いましたが、私は交換しません。
大体、交換するのは60,000キロから70,000キロくらいで交換しているような気がします。

理由は、最近の車の性能向上ですね。

不具合が見られない場合はそれ以上変えないかもしれません。
その逆で、白金プラグとイリジウムプラグですが、私の場合100,000キロ持たない車が多いです。
推奨とは違うので、お客様に説明するのが困るのですが、車の消耗品で100,000キロ持つ方がおかしいと個人的には思っております。

では、なぜ?

推奨とは違う時に、私がプラグを交換するかというと、
車検や点検で車を預かった時、車に乗るのですがその時の車のアイドリングの調子が悪いかどうかでプラグを調べます。

つまり、調子が悪くなければ交換しません。

ただ、距離が走っていて、プラグを見てこうなっていたら交換を薦めます。
角の部分が丸くなっております。

新品は四角ですからね。

お客様の車を定期的に交換すると儲かるのかもしれませんけどね

プラグ交換の工賃はいくらくらいか?

プラグ交換の工賃の費用はいくらかというと実はまちまちです。
簡単にプラグ交換ができるのは、当然安く設定されていますし、難しい車は高く設定されております。
難しい車とは軽なのに、このような車ですね(笑)

こういった、難しいエンジンの場合、プラグを外すところまでなかなか行きつかないです。
軽自動車のプラグ交換の工賃の目安は、大体、2,500円から5,000円でしょうか?
普通車も2,500円から30,000円位になるかと思います。

30,000円?と思われたかもしれませんが、トヨタのアリストなどの高級車のプラグ交換はかなり部品を外さないといけませんので工賃も高いです。

30,000円では安いと言われるかもしれません。

当然ですが高級車になればなるほど、プラグ交換の工賃も上がります。

プラグ交換をするとどんな効果があるのか?

プラグ交換をするとどんな効果があるのかというと、

一番は燃費が良くなります。
そして加速がでますね。

私は車の調子が悪くて交換することが多いのでプラグを交換すると
アイドリングが正常になり、エンストしそうになるのがなくなります

当然、アイドリングが正常になるわけですから、燃費が良くなりますよね。

ディーラーやガソリンスタンド・オートバックスなどの量販店で車検をすると、プラグを交換しないと車検に受かりませんという方がいますが、それは間違いです。

プラグは交換しなくても車検は通ります。

ただ、快適なカーライフをおくれませんというならわかるのですけどね。
言われている方は、車検を自分で通したことがないから知らないのでしょうけどね。
若い子ほど大きな声で車検が通らないと説明しております。

プラグ交換の費用はいくらか?

プラグ交換の費用ですが、先ほどはプラグ交換の工賃の費用でした。

つまり、今度はプラグまで含めての金額になりますので、もう少し上がります。
プラグは3本から6本くらい一度に交換します。

中には12個換えないといけないような、高級車もあります。
軽自動車は3本から4本です。
普通車は3本からになります。

それに工賃になりますので費用は3,500円からになるかと思います。

安くてですね(苦笑)
この前、ライフを交換したのですが、1本2,500円のイリジウムプラグで6本必要でした。
お客様に請求するのが忍びなくて、困りました。

こういう軽自動車でもこだわって作っている場合はメンテナンスでもお金がかかりますね。

寿命で交換しないとどうなるか

プラグが悪いとディラーや整備工場から言われた場合、そのまま交換しないとどうなるか?
まず、燃費が悪くなるかと思います。

ちゃんと燃えていない状態ですからね。

まだ、燃費だけのうちはいいのですが、それでもプラグを交換しなかった場合、信号待ちの時などにアイドリングが不安定になり止まりそうになってしまいます。
こうなったら早めの交換がいいかと思います。

信号待ちで車が止まるほど怖いものはないですからね。
ですから、寿命で交換した方がいいと言われたときは交換した方がいいのかなと思います。
2年ごとに交換するような整備工場はいかがなものかと思いますけどね。

最近のプラグは進化しているので2年ごとでなくても大丈夫だと思います。
ただ、走行距離が1年で2万キロ以上走る方は別です。

まとめ

プラグの費用と交換時期について書いてきました!

プラグについては車の調子がおかしくなる前に交換する方!
車の調子がおかしくなってから交換する方と二通りに分かれます。

どちらがいいかは何とも言えませんが、交換して欲しいから車検に通りませんという整備工場はいかがなものかと思います。
プラグが悪い場合は、外したプラグと新品のプラグを見てもらえれば、一目瞭然です。

本当に換えないといけないなと思っているのなら、正しい情報をお客様に伝えてほしいと思います。

もし、それが会社の方針だというところもありましたが、本当にそんな会社の方針でいいのかなと疑問に思います。

私は、整備工場は車の病院と思っております。
そんな病院の先生が嘘をついてまで、薬を出していてはいけないと思うんですよね。
プラグ交換ですが、実は、自分でもできます。

ただ、プラグレンチが必要になるのと、どこにプラグがついているかがわからないと難しいかと思います。
もし、自分でされるときは、スマートフォンでねじを外したところをひとつづつ写真に撮って、プラグを交換したら
写真を逆に再生すれば、ねじのつけ忘れなどがなくなりますよ

ではでは

コメント