エンジンオイル入れすぎの故障の症状、白煙が出た時、オイルの抜き方

エンジンオイル入れすぎの故障の症状、白煙が出た時、オイルの抜き方オイル関係

エンジンオイル入れすぎの故障の症状、白煙が出た場合、オイルの抜き方など!について書いていきます。

エンジンオイルは適量を入れないと故障の原因になってしまいます。
オイルを入れすぎるとどうなるかと言うと、白煙が出て後続車に迷惑がかかります。

入れすぎたオイルはどのように抜けばいいかわからないですよね。
自分でエンジンオイルを交換した時にある事を書いてみます。

愛車は必ず一括査定サイトで金額を!
愛着のある車なら、ディーラーでは30万円の下取りでも、買取業者では80万円になることも あなたの愛車を数社で競って、勝手に値段が吊り上がります。 車査定

エンジンオイル入れすぎの故障の症状

自動車のエンジンを正常作動させるのに冷却や洗浄など役目を持ってるエンジンオイルは入れすぎたらどうなるでしょう?

エンジン種類によるのですが、通常はコンロッドがエンジンオイルかき上げて飛ばして潤滑させるのです。
エンジン性能通常通り発揮できなくて、走ってる時フィーリングが明らかに悪くなって来たりします。

そしてエンジンオイル入れすぎで、本来エンジンオイルはいらないシリンダー部にエンジンオイル入り込んでしまいます。
そうなると、シリンダー部に入ったオイルはガソリンと一緒に燃えてマフラーから白煙が出る原因となります。

そして、これは多少ならエンジンに影響与えるのではないですが、白煙が出続けるときは早期メンテナンスが必要なのです。
エンジンオイル規定量しる方法もあり、もしも超える量のオイルいれてると入れすぎとなります。

規定量はエンジン大きさによりことなり、おおきいほど規定量増える傾向にあります。

エンジンオイル入れすぎで白煙が出る

オイル入れすぎてエンジンが悪くなるとマフラーから白煙出る症状があります。

これは通常はエンジンオイル入り込まないシリンダー部に入ってガソリンと一緒に燃えることにより発生します。
発生してる時の煙量少ないとエンジンへ影響が少なくて緊急性薄いのですが、白煙量が多ければ問題で、すぐメンテナンスなどが必要となります。

エンジンオイルは規定量がありますが、規定量は車種などにより異なります
具体的にエンジンの大きさ関与していて基本エンジンサイズ大きいほどオイル規定量が多くなるのです。

規定量を理解していても、エンジンオイル入れすぎなのは考えられて、オイル入れすぎについて確認するのにちょっとした作業が必要です。

エンジンオイルチェックのための作業始める前の準備がありますが、オイルチェックする時、車を平坦なところに駐車しましょう
オイル量をはかるときに傾いた場所注射してればオイル傾いて正確な量測れないです。

エンジンオイル調べるタイミングは、エンジンかける前、あるいはエンジンかけ数時間経過した後が最適です。

エンジンオイルが適正に入っているかを確認しましょう?

エンジンオイルが適正に入っているかを確認しましょう?

自動車のボンネットを開けます。
ボンネットの開け方ですが、運転席の周辺のボンネットオープナーを引けば開くかと思います。

ボンネット多少浮き上がって、その隙間に手を入れてレバーをしてボンネット持ち上げましょう。
エンジンルーム周辺に細い棒があって、その棒を利用して固定します。

ボンネット開けるとき突風注意して下さい。
風であおられたボンネット体挟まれ怪我したりなどがあります。

作業は広く水平な所でやりましょう。

ボンネット開けたらオイルレベルケージを抜き、これはわのかたちの細長い部品であり、グリップ部は黄色、オレンジで、エンジンルーム内で目立って、すぐ見つけられるかと思います。
オイルレベルケージ取り外してみれば、エンジンオイル付着してるのが分かります。

これは走行中付着したもので、エンジンオイル量チェックするのには使えません。
きれいにふき取りオイルレベルケージ再び元に戻します。

この時最後までしっかり入れてください。
再びオイルレベルゲージを抜いて見るとエンジンオイルの量を確認することが出来ます。

自分でオイル交換の仕方を書いております、参考になれば!

エンジンオイルの破棄の仕方!ポイパックの捨て方について!燃えるゴミで捨てれるの?
今回はエンジンオイルの破棄の仕方について書いていきます! 廃エンジンオイルの破棄の仕方という事ですから、その前に自分でオイル交換できないといけません。 あなたも自宅でエンジンオイル交換を簡単にできる方法も書いておきますので参考にしてください。 エンジンオイル交換ができるとますます車に愛着がわきますよ!

エンジンオイルを抜く方法はどうする

エンジンオイル抜く方法としては、プロに依頼してみることがあり、工賃がかかって、待ち時間も出てきますが、信頼できるはずです。
エンジンオイル入れすぎでも対処法を知っていれば車を守れます。

エンジンオイル量に気を配って快適なカーライフを楽しんでください。

どうしても自分でエンジンオイルを抜きたい方、このような機械があります。

このオイルチェンジャーは、オイルを抜き出す容量が大きいと真空になるまでにものすごく体力がいって、9リットルのを買った時は、結局、抜き出す事ができませんでした

個人的には4リットルがちょうどいいと思っております。

また、4リットルには、軽自動車などに合う細いパイプが付いておりません。

軽自動車をする場合は、追加で4ミリのこちらも必要となります。

6.5リットルや9リットルの場合4ミリの細いパイプが付いてくるのもありますが、真空にするまでの時間と体力がかなりいりますので、おすすめしません。

早く、4リットルの商品に細い4ミリのパイプが付いてくれればいいのですけどね!

愛車は必ず一括査定サイトで金額を!
愛着のある車なら、ディーラーでは30万円の下取りでも、買取業者では80万円になることも あなたの愛車を数社で競って、勝手に値段が吊り上がります。 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました