染めqのタイヤのホワイトとは何?、リボンは?レターって何?

染めqのタイヤのホワイトとは何?、リボンは?レターって何? 整備関係
染めqのタイヤのホワイトとは何?、リボンは?レターって何?という事で記事を書いていきます
私はタイヤの真ん中に白い色や文字のところを白く塗ったりするのは知っていました。
が、それをタイヤのホワイト・レターと言ったり、ホワイト・リボンというのは知りませんでした。

イロイロ検索していると勉強になりますね。

染めqのタイヤのホワイトとは

タイヤの染めqとは、自動車・バイク・自転車などに装着されているタイヤに文字を入れたり、タイヤそのものに色を付けたりすることができる商品です。

 

どのように使われているのかというと4WD・クロカンのジャンルやレーシングカーなどのジャンルではタイヤメーカーのロゴや商品名などをホワイトのロゴを吹き付けたりします。

 

また、ヴィンテージもののアメ車などはホワイトリボンと呼ばれるタイヤの横面を白く覆うスタイルが一時人気でした。

 

ホワイトリボン専用のタイヤも販売されてはいるのですがその気分を手軽に味わうことができる商品がこのタイヤの染めqのホワイトなのです

 

通常のホワイトの缶スプレーやペイントマーカーでは染まりが悪かったりタイヤの油分などで変色したりひび割れてポロポロとへ下たりします。

 

それらとは異なりゴム材質になじみがよく変色やひび割れなどはしにくくとても耐久性があります

 

タイヤにペイントを施すならタイヤの染めqがおすすめです。

染めqのタイヤのホワイト、リボンについて

タイヤの染めqのホワイトをもちいてホワイトリボン説明をしていきます。

 

ホワイトリボンとはタイヤの横面を丸く帯のように外周を白く染めたスタイルのことを指します。

ヴィンテージ物のアメ車などに履かせたりしているものが多く最初から白く染められているホワイトリボン専用タイヤも販売されています。

 

しかし、ホワイトリボン専用タイヤは銘柄が限られていてサイズもそれほど豊富ではないのです。

 

近年では、ヴィンテージアメリカンテイストを気軽に楽しむことができるのでタイヤの染めqを使ってホワイトリボン化し雰囲気を楽しまれているカーオーナー様が増えているようです。

 

ホワイトレターは特別難しい技術は必要なく一般の方でも充分DIYで施工可能です

 

まずはタイヤの洗浄~密着を上げるためのプライマーの吹き付け~塗ってははいけないところを養生するためのマスキング~染めqを塗り込んでいき乾燥させればホワイトレターの完成です。

 

気軽にアメリカンテイストを楽しめるのでためしてみてはいかがでしょうか?

タイヤの染めqのホワイト、レターについて

次にタイヤの染めqのホワイトを使ったホワイトレターについて説明していきます。

 

ホワイトレターとはタイヤの横面にタイヤメーカーのロゴや商品名のロゴの部分を白く塗りこんで文字を際立たせ強調させたタイヤのことです。

4WDやクロカンのようなアウトドア系の車両やレーシングタイヤなどによく施工されているのを見ることができます。

 

このようなホワイトレターもタイヤの染めqのホワイトを使うことで再現することができます。

 

ホワイトレターも基本的には上記のホワイトリボンのやり方と同じく一般の方でも充分DIYで行うことができます。

 

またホワイトレターには2通りの方法があります。

 

タイヤ横面に書かれているロゴを塗りつぶしていく方法と厚紙等で文字をくりぬきタイヤに当ててスプレーする方法があります。

 

どちらも正しいやり方ですので施工する方は自分のやりやすいほうを判断して施工してみてはいかがでしょうか?

 

ホワイトレターを施すだけでスパルタンかつレーシーな雰囲気がぐっと増しますので気軽にガラッと雰囲気を変えたい方におすすめです。

まとめ

タイヤの染めqのホワイトについて説明させていただきました。

 

この商品は本当に扱い方が簡単で気軽にタイヤアレンジを楽しめる非常に素晴らしい商品だと思います。

 

通常上記で説明させていただいた、ホワイトレターやホワイトリボンなどをしたいと思いタイヤを購入する場合数万円、場合によれば10数万円という大きな費用が必要となります。

 

しかし、このタイヤの染めqの場合は2000円程度からの費用負担でタイヤアレンジを楽しむことができるのですから本当に画期的な商品です。

 

私もホワイトレターがしてみたくてホームセンターで購入したペイントマーカーでタイヤ横面のロゴを塗ってみたことがありましたが結果は大失敗、すぐ変色しパリパリに乾き色剥げしてしまいました。

 

しかしこのタイヤの染めqは色なじみもよく変色やひび割れに強く耐久性も抜群ですのでペイントマーカーなどを使用するよりも専用商品であるタイヤの染めqを使って施工することをお勧めいたします。

 

おしゃれは足元から気軽にタイヤアレンジを楽しむことができるのでぜひお楽しみいただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました