車のエアフロセンサーとは!構造と原理、不具合や値段について!

エアフロセンサー 車の仕組みに関する事

「エアフロセンサー」

 

A/Fセンサーとは何?原理と電圧について!O2センサーの上位版!

A/Fセンサーとは何?原理と電圧について!O2センサーの上位版!
A/Fセンサーとは何?という事で書いていきます。 A/Fセンサーが悪いですという話を聞くことがあるかと思います。 ただ、A/Fセンサーと呼ばず別名でいう方もいますね。 では、A/Fセンサーについて、詳しく書いていきます。

車にある程度詳しい方なら聞いたことがある単語だと思います。

 

ふだん日常生活で車を乗られる方には聞き慣れない単語ですよね。

 

整備工場やディラーで聞かれても、何それ?というのが普通の反応です。

 

このエアフロセンサーとは、エンジン部に組み込まれている電子部品になります。

 

車の走行においてはとても重要な部品であります。

 

とはいえ、目に見えるタイヤ等と違いどんな働きをする部品なのかよくわかりませんよね?

 

どのような部品なのかを簡単に説明していきます。

車のエアフロセンサーの構造・原理について

あなたの車はガソリン・軽油等を燃料として走っているかと思います。

 

そして、燃料はエンジン内で燃料を燃やすという工程が必要になります。

 

燃料を燃やし、エンジン内で爆発させ、この爆発力で動力としています

 

って、ここまではあなたもわかりますよね!わからないという方も何となくわかるはずです。

 

燃料をエンジン内で効率よく燃やすためには、空気を吸ってエンジンに送るという工程が必要になります。

 

吸った酸素と燃料をうまく混ぜ合わせてエンジン内で爆発を起こし動力に変換しております。

 

エアフロセンサーとは、空気を吸う吸気管という場所に設置されていることが一般的です。

 

エアフロセンサーのその役目は、吸った空気の量をECU(コンピューター)に知らせることです。

 

その吸った量に応じてECU(コンピューター)は燃料を噴きだすインジェクターという部品に最適な燃料の量をお知らせします。

 

この工程がうまくいかないと燃費が著しく悪くなったり、最悪の場合、走行不能に陥ります。

車のエアフロセンサーの不具合について

エアフロセンサーがどんな役目をするのか分かったと思います。

 

今度は、エアフロセンサーが不具合・故障を起こした場合、車にどんな影響を及ぼすのかご説明します。

 

一番多いと思われるのが、突然、エンジンの回転が上がらなくなる

 

といったトラブルだと思います。

 

エンジンの回転が上がらないということはスピードがでない、途中でエンジンが止まってしまうといったことになります。

 

走行中だった場合、スピードがぐんぐん落ちていってしまうこともあり、とても不安になってしまいますね。

 

急にエンジンの回転が上がらないなどの症状が起きた場合、あなたはどうしますか?

 

自動車に詳しい人なら車を停めボンネットを開け不具合箇所を探すかと思います。

 

詳しくなくてもボンネットを開けるかもしれません。

 

でも、詳しい人でも、急にエンジンの回転数が落ちるなどの故障状況は判断がむずかしいです。

 

「エアフロセンサーが原因だ!」

 

とはすぐにはわからないものです。

 

(判断機を常時、持ってる方は別ですって、ありえませんけどね)

 

ですのでエンジン回転が急に落ちたり、エンジンがかからないような症状になったら、やはりできるだけ早く修理工場・ディーラー等に連絡後、持ち込むのが正解だと思います。

 

走行中の急激なスピードダウン等にはハザード等をうまく使い後続車に追突などされないよう十分注意してください。

車のエアフローセンサーの値段について

なんとかディーラー・整備工場等に車を運び込めたけど・・いくらかかるんだろう・・・?

 

当然、不安ですよね?

 

車検や故障のたびに真っ先に心配なのは、やはり修理代です。

 

もし、エアフローセンサーが原因で修理した場合、どのくらいの修理代金がかかるのか?

 

車種によりますが工賃込みで2万円~8万円前後ではないかと思います。

 

社外品も格安で売られていますが、基本、メーカーのエアフロセンサーを交換しております。

 

エアフロセンサー自体が車種により違います。

 

新品で1万~6万前後しますので工賃までいれて2万円~8万円ではないかと!

 

もちろん、エンジン不調で入庫した場合は、まず、プラグを疑ったりします。

 

整備料金という部分でしたら、他の点検料という事でお金がかかるかもしれません。

 

ここでは、エアフロセンサーの交換の金額という事でお話しました。

 

車種によっては、なかなかの金額ですよね。

 

定期的に交換するものでもありませんからエアフロセンサーが壊れたら交換する言うのが普通ではないかと思います。

まとめ

エアフロセンサーが車の重要な部品だという話でした!

 

では、最後にまとめます。

 

エアフロセンサーは

 

吸った空気の量をECU(コンピュータ)に伝える役目。

 

不具合や故障した場合、エンジンの回転が突然落ちたり、エンストしたりすることもあるため、できるだけ早くディーラーや整備工場へ。

 

交換する場合は車種によるが2万~8万円

 

 

結構、金額は張りますが、交換すると本当に快適に車に乗ることが出来ます。

 

当たり前ですよね、急にエンジン回転数が落ちたり、エンストするような不安がなくなるんですからね。

 

プラグやプラグコードなどが悪くなっても同じような症状が出ますので、一概にエアフロセンサーが悪いと決めつけることはできません。

 

そこは、診断するディラーや整備工場を信じましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました