ナンカンのタイヤはうるさいか?どこの国で種類はどれだけあるの?

タイヤ関係

ナンカンのタイヤはうるさいのか?どこの国で作られて種類はどれだけあるのかについて調べてみました。
ナンカンのタイヤがうるさいのかというよりはどこで作られているタイヤなのだろうと思ってしまいました。
うるさいのかという事に関しては、タイヤの溝の音なのかロードノイズなのかどちらが気になるのでしょうかね?

ナンカン(NANKANG)のタイヤはうるさいのか?

ナンカンのタイヤはうるさいのか?
色々な方のレビューを見ていると、うるさいと言われる方とうるさくないと言われる方が真っ二つに分かれております。
理由は国産の倍くらいするタイヤと比べて、コストパフォーマンスがいい場合
これくらいの音いいでしょ
という方がタイヤの音は気にされていないようですね。
確かに、かなりお安い、ナンカン(NANKANG)のタイヤですからね。
ある程度、許せるんでしょうね。
ただ、10年以上前と比べると格段に音が静かになっているようです。
特に上位のモデルのタイヤはかなり静かのようです。
確かに作りかたから違うようですからね。

ナンカン(NANKANG)のタイヤはどこの国で作られているか?

ナンカン(NANKANG)はどこで作られているタイヤメーカーかと言うと、台湾に本社があります。
台湾というと大丈夫と思われるかもしれませんが
全くそのような心配は必要ないようです。
そこは古くからタイヤを作っている会社ですよね。

ナンカン(NANKANG)のタイヤの種類はいくつ?

ナンカンのタイヤは種類が豊富です!
意外と種類は少ないのかと思っていたのですが、結構あって主要の種類は5種類でした。

ナンカン(NANKANG) NS-25タイヤ(プレミアムタイヤ)
ナンカン(NANKANG) NS-2タイヤ(スポーツタイヤ)
ナンカン(NANKANG) AS-1タイヤ(コンフォートタイヤ)
ナンカン(NANKANG) ECO-2 +(Plus)(ECOタイヤ)
ナンカン(NANKANG) NS-20(プレミアムタイヤ)

まとめ

ナンカン(NANKANG)のタイヤはうるさいのか?
ナンカン(NANKANG)のタイヤはどこの国で作られているのか?
ナンカン(NANKANG)のタイヤの種類はどれだけあるのか?
という事で調べてみました。
台湾のメーカーでしたので、走行中の音がうるさいと書かれているんだろうなと思っていたんですね。
ふたを開けてみたらそんなことなかったです。
逆に値段的に1ランク上のグレードが買えたという話を結構聞くことができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました