QMIグラスシーラントの洗車方法は?メンテナンス方法は?簡単なの?

QMIグラスシーラント コーティング

今日は、QMIグラスシーラントのメンテナンス方法について書いていきます。

QMIグラスシーラントとはトヨタ自動車が推奨している、車のコーティングになります。

ガラスコーティングの一種になるのですが、洗車方法などについて説明します。

QMIグラスシーラントのメンテナンスについて

QMIグラスシーラントとはトヨタ自動車で新車を買う時にすすめられるサービスの一つです。

コーティングをすると、5年間ノーワックスとうたっているものです。

しかし、本当は毎年、一年に一回はメンテナンスをしないと輝きは持続しません。

という事は、ワックスをかけなくていいだけで、他のメンテナンスはしないといけないという事になります。

いっけん手間いらずでいいように思われるかもしれませんが、車を買われてから一度も洗車をしない方にしたら、逆に汚れが付着して効果が発揮しません。

しかも、金額もかなり高額です。

車を購入するときは金額が大きいものを商談しておりますので、これくらいはと決めてしまうものです。

例として、新車が300万だとすると300万のものを決めようとする時、5万円は安く感じてしまい。

逆に5万円の商品を買う時はオプションが3万円のものは高く感じてしまう心理です。

ただ、年に1回のメンテナンスで、新車の時に近い輝きというのは本当です。

私は、1年に1回のメンテナンスがめんどくさいなというだけですけどね。

qmiグラスシーラント メンテナンスキットとメンテナンス方法は?

それでは、QMIグラスシーラント メンテナンス方法について書いていきます。

QMIグラスシーラントを施工してもらうと、一緒にこのような用品をもらいます。

すみません、正確には買っているでした。

こちらの中にあるコンディショナーとマイクロファイバークロスを使います。

車の全体に水をかけて、少しの面積をマイクロファイバークロスで拭きます。

拭いた後に、マイクロファイバークロスにコンディショナーをつけて拭きます。

これを車全体にしていきます。

そして、水垢がひどいところはスポンジにクリーナーをつけて、取っていく感じになります。

博多トヨタカローラでグラスシーラントのメンテナンスの仕方の動画がありましたので紹介します。

グラスシーラント メンテナンスキットの使い方

QMIグラスシーラント メンテナンス方法でワックスはNG

ここで、気をつけないといけないのが、専用の液体がなくなったからと言って、ワックスを塗ってはだめです。

もっとダメなのはコンパウンド入りのワックスなんてもってのほかです。

理由は、QMIグラスシーラントというのは、ボディーの表面に薄いまくを作って汚れを寄せ付けない。

というものなんですね。

つまり、コンパウンド入りのワックスや液体シャンプーでは、QMIグラスシーラントのまくまではいでしまうという事になります。

それでは、何のために高いQMIグラスシーラントをしたかわかりません。

という事で、メンテナンス用の溶剤がなくなったら

一番いいのは、トヨタ自動車で専用の溶剤を買うのがいいのですが、高い上にトヨタ自動車まで行くのがめんどくさい。

というかたは、こちら!

いま、ネットはいろんなものが売られていますね。

とにかく、ワックスやコンパウンド入りの溶剤はよくありません。

本来のワックスを塗った場合は、雨が降ったりした場合、ワックスが流れ落ちてしまいますので、光沢はなくなってしまいます。

溶剤を使われている方の感想としては、結構すぐに溶剤がなくなってしまうようですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました