アルファード(10系後期)キーレスを新しくするときの注意点

キーレス電池交換

アルファード(10系後期)キーレスを新しくするときの注意点について話していきます。

実は、アルファード(10系後期)の鍵が折れ、鍵屋さんでたまたま同じブランクキーが売っていたんですね。

そこから、今回の騒動が始まりました。

ブランクキーを買い替えてエンジンがかからない方の参考になればいいな~

でも、知らない方はブランクキーを買わないかな?

アルファード(10系後期)キーレスをディーラー以外で買った場合

今回仕入れたアルファード(10系後期)の鍵が思いっきり折れておりました。

ぽっきり折れていたんですね、鍵が!

で、修理しないといけないなとは思っていたのですが、なかなか

その時、別件で鍵屋さんにスペアキーを作ってもらうために行ったら

何と、キーレスのカバーが売っておりました。

鍵のほりと税込みで3000円でいいとの事

という事でついでに書くことにしました。

アルファード(10系後期)のところに行って、中の基盤を交換!

ついででしたので、電池も交換!

それではエンジン始動~

いくら回してもエンジンがかからない・・・

あれ?イモビって電池のところにあるんじゃないの?

うわ~

3000円が~

そうか、鍵のところにイモビは付いているんだろうなと

トヨタに持って行って登録してもらわないとと思っていました。

で、トヨタに相談したら、鍵屋さんで売っている鍵ではイモビの登録は出来ないとの事

純正でないと登録できないとの事です。

困って、整備の方に相談したら、この部分にイモビが入っていると

そうなんです、ばらして入れ替えればいいとの事

いい事を聞きました。

早速、分解に入ります。

ちなみに、純正部品(イモビ付き)を取るとなると7000円程でした。

アルファード(10系後期)キーレスのイモビの移植!

イモビは円のところに入っております。

もっと詳しく見て見ると、ここです。

別の角度にすると

新しい鍵に入れる前、ちょうど穴が開いております。

この部分にすっぽりと入ります。

では、どうやって取り出すかというと、私はカッターでひたすら削りました。

取り出した後はこんな形でぐちゃぐちゃに

元のイモビには両面テープのような物が付いており、外して入れるだけで外れそうにはありませんでした。

こちらは電池になり、

電池はCR2016になっております。

アルファード(10系後期)キーレスはいくらで売っている

私は鍵屋さんで税込みの3000円で買いました。

買った後に、ネットで調べたら、そこまで高くないんです。

大体、580円から1580円程だったんですね(送料別)

(高いところは4000円とかもありましたけど)

ま、鍵をほってもらって3000円だったのでよしとします。

最近の鍵屋さんは持込の場合ほとんどほってくれません。

私の場合は付き合いが長いのでOKしてくれていますけど、基本、持込はダメのようですね。

もししてくれる場合でも、クレームは一切、受け付けないとの事です。

クレームなしならほってくれるところもあるかもしれません。

そういうトラブルに会いたくなければ、キーナンバーがわかれば鍵を作ってくれます。

キーナンバーの確認方法!

トヨタ アルファード(10系)キーレス 2穴 ブランクキーのみ

トヨタ アルファード(10系)キーレス 2穴 キーカット込ブランクキー

トヨタ アルファード(10系)キーレス 3穴 ブランクキーのみ

トヨタ アルファード(10系)キーレス 3穴 キーカット込ブランクキー

トヨタ アルファード(10系)キーレス 4穴 ブランクキーのみ

トヨタ アルファード(10系)キーレス 4穴 キーカット込ブランクキー

まとめ

アルファード(10系後期)キーレスを新しくするときの注意点という事で話してきました。

鍵屋さんでブランクキーを見付けて喜んだのですが、エンジンがかからなかった時は本当に焦りました。

セルは回るけどエンジンがかからない!

あと少し、もう少しなのに~

と言ったところでした。

イモビの重要性を改めて勉強させられた次第でした。

関連記事

アルファード(10系)の初期型の電池交換はこちらになります。

アルファード(10系)キーレスの電池交換の仕方と不具合ヶ所のまとめ

アルファード(10系)キーレスの電池交換の仕方と不具合ヶ所のまとめ
アルファード(10系)キーレスの電池交換の仕方と不具合ヶ所のまとめ キーレスの電池交換は意外とドキドキします。 昔は100円ショップの電池を使うと必ず壊れるという理解に苦しんていましたが、最近はそんなことも無いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました