車のタイヤの空気圧をチェックする頻度は?どれくらい入れる?

タイヤ関係

車のタイヤの空気圧をチェックする頻度は?どれくらい入れる?という事について書いていきます。

あなたはタイヤの空気圧のチェックはどれくらいの頻度でされていますか?

オイル交換の時に見てもらいますか?車検の時だけですか?

タイヤの空気圧なんて気にもしたことないという方もおられるかもしれませんね。

実は、ある程度の頻度で、車のタイヤの空気圧はチェックした方がいいんです。

車のタイヤの空気圧をチェックする頻度は?

車のタイヤの空気圧をチェックする頻度はどれくらいがいいのか?

実は、タイヤの空気圧のチェックですが、一番いいのは3ヵ月ごとに見るのが一番いいです。

すみません、自分は半年に1回くらいしか出来ておりません。

ただ、3ヵ月に1回となるとどこでチェックすればいいんだとなってしまいますよね。

1番いいのはガソリンスタンドでチェックするのが1番いいかと思います。

私の場合は職業病みたいなもので、タイヤを見ると

あ~少ないな~

なんて思っていつも入れたりしております。

感覚ですので、既定の空気が入っている事もしばしばあります。

少なくても、半年に1回は空気圧のチェックをした方がいいかと思っております。

ガソリンスタンドで空気圧だけ入れてもらうことは可能か?ダメなのか?

ガソリンスタンドで空気圧だけ入れてもらうことは可能か?ダメなのか?
ガソリンスタンドでタイヤの空気圧だけ見てもらうことは可能なのか?という事について書いていきます。 ガソリンも入れずにタイヤの空気圧だけ見てもらい、少なければ入れてもらう、なんて厚かましいことが本当に無料でできるのか?どうなんでしょうか? ガソリンを入れるついでにというのが一番にいいのですけどね

車のタイヤの空気圧はどれくらい入れる?

スタンドで車のタイヤの空気圧を入れてもらうのですが、空気を入れすぎると

運転していてはねているような感覚に襲われます。

クッションが悪くなった気がするんですね。

空気を入れすぎた状態で、走行するとタイヤの真ん中の部分だけがすり減っていきます

逆にタイヤの空気が少ないと、タイヤの外側がすり減ってしまいます。

空気が少なくなっても乗り心地はそれ程違いを感じません。

タイヤの空気が多すぎても少なすぎてもいけないという事です。

それでは、適正な空気圧はどこで調べるのかというと

運転席のAピラーと言われるところにシールで書かれているかと思います。

ここに書かれている、タイヤサイズ 空気圧

220(2.2)

と書かれています。

これって2.2g/㎝²(220kPa)という意味になり、この数字より多い数字の空気圧を入れるようにしましょう。

少ないといけませんからね~

車のタイヤの空気圧はガソリンスタンドで!

車のタイヤの空気圧はガソリンスタンドで入れてもらうのが楽です。

ただ、ガソリンスタンドで働いている子は、どれくらいの空気圧を入れればいいのか知らない子がいて

すべての車に3kg/㎝²(300kPa)入れる子がいたりしまうので気を付けましょう。

クッションが悪いですし、タイヤの痛みも早くなってしまいます。

入れる前に○.○kg/㎝²と言うように指示するのが一番いいかと思います。

私はいつも言っております。

あと、高速道路を走る前は、少し多めに空気を入れておくといいかと思います。

ガソリンスタンドで空気圧の指定をするようになったのは、こちらに詳しく書いております。

タイヤの空気圧をセルフのガソリンスタンド入れすぎ!適正数値を知らいのかな?

タイヤの空気圧をセルフのガソリンスタンド入れすぎ!適正数値を知らいのかな?
最近、やたら多いのがタイヤの空気圧の入れすぎです。 私は、空気圧の適正というか、メーカーが指定している数値に少したすくらいにするのですがあまりにひどいスタンドが多いです。 毎回、ビックリしますが今回、結構、入っていたのでかなりビックリしまいた。

まとめ

車のタイヤの空気圧をチェックする頻度は?どれくらい入れる?という事で書いてきました。

今まで、タイヤの空気圧なんて気にもしたことなかったという方!

これから、タイヤの空気圧を気にして、燃費向上を目指しましょう。

今は、ガソリンスタンドに行かなくても自分で空気をいれる機械が手に入ります。

車のタイヤの空気まで、入れられます!

エアホークプロはコンパクトなのに、車のタイヤ空気を入れることができます。

タイヤだけでなくビニールプールや球技に使うボールの空気も入れられます。

3つのアタッチメントで実現しております

適正な空気圧を調べて、入れるのもいいかと思います。

自分で空気圧を入れる時は、バルブをあまりいじらないようにしてください。

付け根のところをいじっているとそこから空気が漏れます。

古くなったバルブは空気漏れの原因にもなりますから、気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました