\ ポイント最大9倍! /

ファルケンのタイヤが安い理由!

アフリエイト広告を利用しております

今回はファルケンのタイヤが安い理由について書いていきます。

低価格のタイヤを探すとなると、ファルケンは意外とお勧めのブランドです。

ファルケンタイヤは、一般的に市場に出回っている他のタイヤブランドよりも安価で、予算に応じた選択が可能です。

お客様

なぜファルケンのタイヤは安いのでしょう

それでは、ファルケンのタイヤが安い理由について書いていきますね

目次

ファルケンのタイヤが安い理由

ファルケンタイヤが他のブランドよりもお手頃価格である理由はいくつかあります。

まず、ファルケンはプライベートブランドであるため、他のタイヤメーカーのような諸経費がかからないということです。

さらに、ファルケンは大量にタイヤを生産しているため、コストを抑えることができます

全世界に販売中!

大きく2つの理由でファルケンのタイヤは安くできているんですね

あなたが新しいタイヤセットを購入する市場で、予算に見合ったオプションをお探しなら、ファルケンはあなたにとって良い選択かもしれません。

ファルケンという会社は

ファルケンタイヤは、世界有数のハイパフォーマンスタイヤメーカーです。

1983年に日本で設立されたファルケンタイヤは、現在では世界60カ国以上で展開するグローバルブランドに成長しました。

ファルケンタイヤの幅広い製品ラインナップには、乗用車用タイヤ、ライトトラック用タイヤ、SUV用タイヤ、パフォーマンスカー用タイヤがあります。

ファルケンタイヤは、お客様に最高レベルの品質、安全性、性能を提供し、製品とサービスを継続的に改善することに取り組んでいます。

ファルケンは安いけど大丈夫

ファルケンタイヤは良いものですか?

ァルケンタイヤは低価格帯のブランドですので、他のブランドと比較してメチャクチャ良いとは言えません。

ファルケンは住友ゴム工業(ダンロップ)の子会社で、大きなタイヤメーカーです

ファルケンタイヤはダンロップやファルケンなど、他の住友ブランド(ダンロップ)と同じ工場で作られています。
違いは、ファルケンのタイヤは格安オプションとして設計されていることです。

特定の材料を使っているので、住友の他のブランドと同じ基準で作られているわけではありません。

ファルケンを使っているみんなの声

ファルケンのタイヤの生産国はどこ

ファルケンはもともと日本の企業です。

前進はオーツタイヤと呼ばれていました。

1944年創業のオーツタイヤ株式会社が始まりです。
ただ、2003年に住友ゴム工業(ダンロップ)に吸収合併して今の形になりました。

タイヤの生産工場は世界あちこちになります。

基本、設計は基本日本でされているので、一定の水準はありますので、悪いタイヤということはありません。

まとめ

今回、ファルケンのタイヤが安い理由について書いてみました。

一般的にでる軽自動車のサイズではあまりお買い得感はないのですが、スポーツ系のタイヤはお買い得感がありました

もし、スポーツ系の車に乗っていて、タイヤを交換する時、ファルケンを候補に入れるのはありかもしれません。

この記事を書いた人

大学を卒業後、某ディーラーで8年半
その後、独立し現在も車に関する仕事に携わっております。
トータル26年間、車関係の仕事をしている事に
昔から思っている事を書いておりますので、
メーカーや部品販売店の言われている事と違う事も多々あるかと思います。

目次