\ ポイント最大9倍! /

フローティングナビとはどんな形!メリットとデメリット

アフリエイト広告を利用しております

フローティングナビとは、カーナビゲーションの新しい形態です。

その特徴や利点、選び方について詳しく解説します。

デザイン性や高画質なディスプレイ、使いやすさなど様々な視点から解説するので、購入を考えている方は必見です。

また、フローティングナビのメリットやデメリットも紹介します。

人気第1位はこちらのフローティング、カーナビゲーションになります。

目次

フローティングナビのデメリットはなに?

  • 純正ナビと比べて保証期間が短い
  • 車種によってはシフトやスイッチ操作するのに邪魔になる

純正ナビと比べて保証期間が短い

フローティングナビは社外品のナビになるため、純正品と比べて保証期間が短いデメリットがあります。

純正ナビは、メーカー保証の1年、もしくは延長した場合に5年までの保証期間が多いです。

カー用品店での独自の保証を付けるしか、今のところ対策がありません。

基本、ナビの保証は1年の保証期間になっています。

車種によってはシフトやスイッチ操作の邪魔になる

フローティングナビは、ディスプレイが車載オーディオの上に浮かぶように設置されるため、車種によってはシフトやスイッチ操作の邪魔になる場合があります。

例えば、シフトレバーやエアコンの操作スイッチが、フローティングナビの下にある場合は、画面を操作する際に当たって邪魔になる可能性があります。

フローティングナビの購入を検討する場合は、車種ごとの取り付け可否や、取り付け後の操作性などを事前に確認しておきましょう。

フローティングモデルの魅力とは?

  • 前方視界を妨げにくい

フローティングモデルは、画面がダッシュボードから浮いているため、画面が視界の邪魔になりにくくなっています。

そのため、運転中にカーナビを見ながら運転する際にも、前方視界を確保しやすくなります。

  • 画面の角度を自由に調整できる

フローティングモデルは、画面の角度を自由に調整することができます。

そのため、運転席から最適な角度で画面を見ることができます。

また、画面が斜めになっている場合でも、画面を見やすくすることができます。

  • スタイリッシュな見た目

フローティングモデルは、画面が浮いていることで、車内の雰囲気をスタイリッシュにすることができます。

また、画面が大きく見えるため、車内の印象を大きく変えることができます

フローティングモデルのスタイリッシュな見た目

フローティングモデルは、これらの魅力から、近年人気が高まっている取り付け方法です。

特に、運転中の視認性を重視したい人や、車内の雰囲気をスタイリッシュにしたい人におすすめです。

フローティングモデルとは?特徴や選び方を徹底解説!

フローティングモデルとは、カーナビの画面がダッシュボードから浮いているように見える取り付け方法です。

画面がダッシュボードから浮いていることで、前方視界を妨げにくく、また、画面の角度を自由に調整できるので、運転席から最適な角度で画面を見ることができます。

フローティングモデルは、2010年代後半から登場した比較的新しい取り付け方法です。

当初は高級車を中心に採用されていましたが、近年ではコンパクトカーやミニバンなどにも採用されるようになってきました。

フローティングモデルのメリットは、以下のとおりです。

  • 前方視界を妨げにくい
  • 画面の角度を自由に調整できる
  • スタイリッシュな見た目

フローティングモデルのデメリットは、以下のとおりです。

  • 取り付けスペースが大きく必要
  • 画面が大きく重くなるため、車の振動によって画面が揺れる可能性がある

フローティングモデルの取り付けには、ダッシュボードに専用のブラケットを取り付ける必要があります。そのため、フローティングモデルに対応した車種であれば、比較的簡単に取り付けることができます。

フローティングモデルは、前方視界を妨げにくく、また、画面の角度を自由に調整できるので、運転中にカーナビを使いやすいのがメリットです。

車内の雰囲気をスタイリッシュにしたい場合にもおすすめです。

フローティングモデルの取り付けを検討する際には、車種がフローティングモデルに対応しているかどうか、また、取り付けスペースが十分にあるかどうかを事前に確認しておきましょう。

フローティングモデルの最新人気ランキング!おすすめのナビゲーションタイプは?

フローティングモデルのナビゲーションは最近人気が高まっていますが、どの商品がおすすめなのか気になりますよね。

ここでは最新の人気ランキングをご紹介します。

スマートなデザインや使いやすさ、機能性などを考慮して選定しました。

購入を検討している方は必見です!

フローティングモデルのナビゲーション 人気第1位

9インチの大きさで、この値段と言うのが人気第1位を獲得したと思います。

フローティングモデルのナビゲーション 人気第2位

楽ナビ パイオニア カーナビ AVIC-RF720が2023年1月19日発売

ケンウッド カーナビ 彩速 9インチ MDV-M910HDFが、2023年5月18日発売

ケンウッドが新しいので、売り上げが追い付いていないようです。

フローティングモデルのナビゲーション 人気第3位

やはり11インチ この大きさが第3位に入った理由です!

大きいのはうれしいですからね。

まとめ

フローティングモデルのナビゲーションについて書いてきました。

11インチってどれだけ大きいのでしょうか。

すごく、ビックリしております。

9インチでも十分の大きさだと思っております。

この記事を書いた人

大学を卒業後、某ディーラーで8年半
その後、独立し現在も車に関する仕事に携わっております。
トータル26年間、車関係の仕事をしている事に
昔から思っている事を書いておりますので、
メーカーや部品販売店の言われている事と違う事も多々あるかと思います。

目次