煽り運転の罰則強化はいつから?煽り運転通報サイトはどこ?

煽り運転の罰則強化はいつから?煽り運転通報サイトはどこ? 罰金について

煽り運転の罰則強化はいつから?煽り運転通報サイトはどこ?という事で書いていきます。

ついに煽り運転への罰則強化が法案で閣議決定しました。

余程の事がない限り施行されると思われます。

煽り運転の罰則強化はいつから?

煽り運転の罰則強化はいつからなるのかというと、今年の夏には施行されるのではないかという事です。

今年の夏からはどんなに急いでいても煽ったりしたらいけません。

煽り運転
おじいちゃん、おばあちゃんが50キロのところを30キロで走っていても煽ってはいけませんからね!
注意しましょう。

どんなに遅くても目的地には必ず付きます。

問題を起こしたら、もっとつくのが遅くなりますからね。

煽り運転の罰則強化とは

では、煽り運転はどういうのを言うのでしょう?

他の車両の交通を妨げる目的で一定の違反をする行為=煽り運転

・車間距離を詰める
・急ブレーキをかける
・割り込むなど

煽り運転

懲役3年、罰金50万以下

煽り運転によって危険を生じさせた場合

・高速道路での停車
・一般道での物損事故など

懲役5年、罰金100万以下

違反したドライバーは1回の摘発で免許取り消し処分となります。

妨害目的かどうかは捜査当局がドライブレコーダーに映った状況から判断するとの事です。

煽り運転

煽り運転通報サイトはどこ?

すみません、調べてみたら、岡山県警が全国で「あおり運転」通報専用サイトを開設というのがあるくらいで、まだまだのようです。

警視庁のHPには

危険な運転者に追われるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難して、ためらうことなく警察に110番通報をしてください
と書かれています。

しかし、それだけで警察に動いてもらうのはどうかと思います。

証拠にもなりませんしね。

ドライブレコーダーもしくは助手席に方に動画を取ってもらうのが一番いいかと思います。

煽り運転
証拠があればこちらのものですからね!

サービスエリアに行っても付いてきたりしたら、ためらわずに110番しましょう。

身の危険がありますからね

道交法改正案にはもう一つ法案が!

今回の道交法改正案にはもう一つの法案があります。

それが高齢運転者対策としたものです。

・一定の違反をした75歳以上の高齢者に運転技能検査(実車試験)を義務化
・検査に合格しなければ免許更新不可
・安全運転サポート車(サポカー)が条件の限定免許を創設

とあります。

この最後の安全運転サポート車(サポカー)がなんとも言えませんね。

ディーラーの販売の手助けにしか思えない。

そこまでしないと乗れない方は乗せてはいけないと思うんですよね。

それなら、安全運転サポート車(サポカー)を売る時につける誓約書を無くして欲しいものです。

ディーラー自体が絶対に止まると言っているわけではないのですからね。

まだまだ、安全ではないんですよ。

安全運転サポート車(サポカー)は補助的なものとなぜ考えられないのでしょうかね?

まとめ

煽り運転の罰則強化はいつから?煽り運転通報サイトはどこ?という事で書いてきました。

煽り運転は未だに無くなっていないようですね!

ツイッターを見ていたら、かなり動画をUPしてあります。

日ごろのうっ憤を車に乗るとという方もいるのかもしれませんが、これからは煽り運転はしてはいけませんね。

飲酒運転と同じくらい罰金などが重いですからね!

飲酒運転についてはこちらで書いております。

酒気帯び運転の罰金は?初犯の場合どうなる?コンビニで休憩して逮捕?

酒気帯び運転の罰金は?初犯の場合どうなる?コンビニで休憩して逮捕?
酒気帯び運転の罰金は?初犯の場合どうなる?コンビニで休憩して逮捕?という事で書いていきます。 コンビニで酔いを醒ますために止まっていて逮捕なんてあるのかなと思ったのですが、あるようですね。 罰金の金額を知っていたら、断固抵抗しましょう。お金持ちならいいですけど
下取りは必ず一括査定サイトを使う事!
下取りは必ず一括査定サイトを使う事!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。


あなたの車を勝手に競って、値段が吊り上がります。 値段が上がればあなたの出費は減りますよね。 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました