ユーザー車検に必要な書類はなに?書類以外に必要な物は?

車検に関する事

ユーザー車検に必要な書類はなに?書類以外に必要な物は?という事で書いていきます。

最近、ユーザー車検について書いておりますが、いよいよ必要な書類について書いていきます。

ディーラー車検などの場合、ほとんどそろえる事がないと思いますが、実は結構、書類が必要です。

ユーザー車検に必要な書類はなに?

1 車検証

これは当然ですよね、こちらを新しくしてもらう必要があるわけですからね。

車検証

2 自動車損害賠償責任保険証明書

こちらの自賠責保険は、保険の期限の関係で新しいのと古いの書類の2枚が必要となります。

3 自動車税納税証明書(継続検査用)

こちらは納税の時に使った振込用紙でもOKです。

4 自動車検査票

こちらは車検や構造等変更検査、新規登録検査の際、検査項目ごとに合否を記録する為の用紙になります。

5 自動車重量税納付書

こちらは車検や構造等変更検査、新規登録検査の際に自動車重量税を納める為の用紙になります。
自動車重量税はお金ではなく印紙を張り付ける必要があります。
自動車重量税納付書に自動車重量税額に相当する金額の印紙を貼り付けて車検を受けます。

6 継続検査申請書

継続検査申請書は車検の時に車検証をコンピュータで発行する為に必要なOCR用紙のことを言います。

7 定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿とは、24ヵ月点検や12ヵ月点検の法定点検を行った内容を記録する為の用紙のことを指します。
点検記録簿はなくても車検を受けることはできます。

指定整備記録簿

4,5,6の書類は陸運支局や軽自動車協会に用意されています。
陸運支局や軽自動車協会に行ってから書くこともできますし、事前に預かって記入しておくのもいいかも知れません。

ユーザー車検に必要な書類以外に必要な物

必ず持って行って欲しいものが、使用者の認めの印鑑になります。

シャチハタ以外の認めの印鑑が必要となりますので、必ずお持ちいただくようにしてください。

忘れてしまう方が本当に多いです。

まとめ

ユーザー車検に必要な書類はなに?書類以外に必要な物は?という事で書いてみました。

結構書類が必要ですね。

 

ユーザー車検を受ける方は自賠責保険をどうしているんだろ?

 

陸運支局や軽自動車協会にも角で取り扱いしているから、そこで更新するのかな?

車検

ユーザー車検に関する記事

ユーザー車検の場合、陸運支局や軽自動車協会に持ち込めばすぐできると思っていましたが、すぐすぐは出来ないんですね。

事前に予約していかないといけないので気をつけましょう!

ユーザー車検の予約方法について?車を持ち込めばいいの?

ユーザー車検の予約方法について?車を持ち込めばいいの?
ユーザー車検の予約方法について?車を持ち込めばいいの?という事で書いてみました。 自分で車検を通す方をユーザー車検と言いますが、かなり車検代が安く済みます。 今はユーザー車検はいきなり陸運支局や軽自動車協会に持ち込んでもすぐには出来ないんですね。

ユーザー車検を受けるのに安いからと言っていくら持って行けばわからないじゃないですか?

と思って、目安になる金額などを調べてみました。

当社はユーザー車検をしていないですが、当社が払う陸運支局や軽自動車協会に支払う金になるかと思い書いております。

ユーザー車検の費用はいくらなの?本当に安いのか?軽自動車と普通車

ユーザー車検の費用はいくらなの?本当に安いのか?軽自動車と普通車
ユーザー車検の費用はいくらなの?本当に安いのか?軽自動車と普通車について書いてみました。 最近はユーザー車検を受けると聞かなくなりました。 やはり、安全性や後々の整備などの面があるので自分で受ける方は減ってきているのでしょうかね? そんなユーザー車検の費用を調べてみました。
新車の値引き金額からさらに、50万安くなる裏技とは?

「車種を比較する時間がない・・・」 「値引き交渉したいけど、苦手だ・・・」 「新車を最安値で手に入れたい・・・」 「この車が欲しいが、予算オーバーだ・・・」 「車の売り込みが嫌だ~・・・」


など、新車を購入する時の悩みはたくさんあります。

しかも、相談する相手もなかなかいませんし、

聞いてもらってもお金をくれるわけではありません。

そんな方におススメの裏技を紹介します。
お金はもらえませんが、出費は減るかもしれません。 下取りは必ず一括査定サイトを使う事!
することはただ一つ

下取りは必ず一括査定サイトを使う事です。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社、

最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれます。

あなたがする事は、車検証に書かれている事と車の事を記入するだけ
車の査定を、めんどくさいと後回しにするのは損ですよ! 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました