ユーザー車検の予約方法について?車を持ち込めばいいの?

ユーザー車検の予約方法について?車を持ち込めばいいの? 車検に関する事

ユーザー車検とは、簡単に言うと車を持っている方が自分で車検を通す車検になります

当社などは、先に点検をして車検に通らないところをなおして車検をするのですが、ユーザー車検は車検を受けてダメだった時に修理する流れが多いです。

車の事が詳しい(昔、整備をしていた方)は車検に通らないところを知っている方が多いので、事前になおされる方が多いです。

一時期、ユーザー車検の代行という仕事も流行ったのですが、最近ほとんど聞かなくなりましたね

 

今回は、画像を使って説明しておりますので、急がれている方は目次をクリックしていただければ、読みたいところに飛ぶことが出来ます。

ユーザー車検は検査場に持って行けば受けれるの?

いきなり車検を受けたいと言って、陸運支局や軽自動車協会に車を持って行っても車検は受けれない事があります。

それは、車検を受けるにあたって予約を取るようにしたからなんですね。

そうは言っても、ほとんどのユーザー車検を受ける方は知らないと思いますので、急に持ち込んだ場合は、その検査場の判断だと思います。

午前中に持ち込めば、下手したら午後に受けることが出来るかもしれません。

でも、これって宮崎のような田舎だから許されることかもしれません。

 

数の多い車検場は完全に予約制になっていて、後日○○日にお願いしますと言われるかもしれません。

日数に余裕を持って車検に備えましょう。

特に2月から3月は陸運支局と軽自動車協会は混みあいますので、日数に余裕を持って行きましょう。

車検は車検の有効期間の1ヶ月前以降であれば、期日をそのままで有効期間が2年間伸びます。

例えば、車検の有効期間が2月10日までだった場合。車検を1ヶ月前の1月11日に受けて、車検証が発行されたら、新しい車検証の有効期間は2年後の2月10日になります。

しかも、日数は減りませんので安心してください。

ユーザー車検は予約をしないといけない?

ユーザー車検を受けたい場合は予約をしないといけません。

予約をしなければえらいなことになる可能性もあります。

普通車はインターネットでの予約になります

軽自動車はインターネットと電話で予約をする事が出来ます。

ユーザー車検の予約(普通車編)

普通車のユーザー車検の予約はインターネットでのみになります。

車検証を用意してこちらから予約してください。

検査予約システム-予約トップ

初めてする方はわからないと思いますので、図で説明していきますね。

新規アカウント登録

こちらからをクリックするとこの画面になるかと思います。

ユーザー車検

新規アカウント登録をクリックしましょう。

ユーザー車検

必要事項を入力します。

利用者区分 本人が受検される場合は、使用者を選択します。それ以外の場合は、その他(使用者以外のものにより受検が代行された場合)を選択します。

受検者名 受検する方の (姓と名)を入力します。

電話番号 連絡先の電話番号(市外局番、市内局番、加入者番号)を半角の数字で入力します。

メールアドレス 連絡先のメールアドレスを半角の英数字で入力します

パスワード パスワードを半角の英数字で入力します

半角/全角の切り替えは、お手持ちのキーボードの切り替えボタンで行ってください。

例)半角:03-1234-5678 abc@def.ne.jp ○

全角:03-1234-5678  abc@def.ne.jp ×

一般利用者アカウント登録確認画面が表示されます。

確認をクリックしてください。

ユーザー車検

問題なければ同意して登録をクリックします。

ユーザー車検

仮登録が出来ました。

この時点ではまだアカウント登録は完了していません。

アカウント情報仮登録が完了すると、アカウント情報仮登録完了のメールが、登録されているメールアドレス宛に届きますので、ご確認ください。

メールを確認しましょう!

ユーザー車検

仮登録が完了し、登録されたメールアドレスに本登録URLが送付されます。

本登録用URLをクリックする。

本登録は完了し、本登録完了画面が表示されます

ユーザー車検

本登録完了メッセージ内に発行された アカウントID が表示されます。

発行されたアカウントIDは、今後予約システムの利用のたびに必要となりますので、忘れないようにしてください。

次は車検の予約をしていきましょう。

ログイン

ユーザー車検

 

車検予約

アカウントIDを入力する アカウント登録時に発行されたアカウントIDを入力します

パスワードを入力する アカウント登録時に入力したパスワードを入力します。

ログインをクリックします。

車検予約

検査の予約を選択する 画面左側にあるメニューから、検査の予約メニューをクリックします。

車検予約

検査場を選択する 受検する地域を、プルダウンメニューから選択します。地域を選択すると、その地域に存在する検査場がプルダウンメニューに表示されるので、希望する検査場を、プルダウンメニューから選択します。

検査種別を選択する 継続検査、新規検査等、受検する検査の種類を選択します。検査種別の右にある「説明」の文字をクリックすると、その検査の説明が表示されます。

検査車種を選択する 普通車、中型車等、受検する車種の区分を選択します。

次へをクリックします。

予約時間選択画面が表示されます。

車検予約

受検を希望する時間帯を確認する 受検を希望する時間帯を確認します。現在表示されている時間帯以降が存在する場合は、次の時間帯の矢印が表示されるので、矢印をクリックし確認します。

予約時間帯の記号を選択する 受検を希望する時間帯の○、△、数字をクリックします。

予約情報入力画面が表示されます。

 

車検予約

受検者情報を入力する

受検者名 当日受検するかたの (姓と名)を入力します。

電話番号 連絡先の電話番号(市外局番、市内局番、加入者番号)を半角の数字で入力します。

住所 連絡先の住所を入力します。郵便番号は、半角の数字(ハイフンなし)で入力します。

車両情報を入力する

登録番号または車両番号 受検する車両の登録番号、または車両番号を入力します。車検証をご覧のうえ正しく入力してください。

原動機型式 受検する車両の原動機型式を半角の英数字で入力します。車検証をご覧のうえ正しく入力してください。

車台番号 受検する車両の車台番号を入力します。車検証をご覧のうえ正しく入力してください。

遵守事項同意チェック 遵守事項を確認し、同意いただける場合はチェックをしてください。 (同意いただけない場合は予約できません)

半角の英数字の入力 半角/全角の切り替えをお手持ちのキーボードの切り替えボタンで行ってください。

例)半角:03-1234-5678  abc@def.ne.jp  ○

全角:03-1234-5678  abc@def.ne.jp ×

車台番号について 半角英数、半角ハイフン(-)で入力してください。

同一の車台番号で複数の本予約を取得することはできません。

受検日前日、および当日は、実在する車台番号での予約のみ可能です

仮予約の場合 確認ポップアップが表示されます。

車検予約

OKをクリックする。

予約情報入力確認画面が表示されます。

車検予約

画面に表示されている予約の内容でよろしければ、予約ボタンをクリックします。

確認ポップアップが表示されます。

車検予約

OKをクリックする

予約情報入力完了画面が表示されます。

車検予約

当該検査場において、予約をキャンセルせず来場しないことが続く場合、登録されているアカウントでの予約、アカウントの変更、削除が出来なくなることがあります。

仮予約は予約から1週間、又は受検日の前日に自動で削除されます。

検査を受けるには、内容を変更して本予約で登録する必要があります。

予約が完了すると、予約完了のメールが、登録されているメールアドレス宛に届きますので確認してください。

引き続き予約をする時

複数台の予約をする場合で、同じ検査場、検査種別、検査車種で予約をする場合は、引き続き予約をするボタンをクリックすることで、検査場、検査種別、検査車種の入力を省くことができます

検査の予約を行う(本予約)

車検予約

画面に表示されている予約の内容でよろしければ、予約ボタンをクリックします。

入力された車台番号がリコール対象車両と判定された場合

確認ポップアップが表示されます

車検予約

OKをクリックする。

予約情報入力完了画面が表示されます。

リコール対象車両と判定された場合の予約情報入力完了画面

車検予約

車検予約

リンクページが別ウィンドウで表示されます。

以上となります。
そこまで、難しくはありませんが、初めてですと慌てますね!

ユーザー車検の予約(軽自動車編)

軽自動車のユーザー車検の予約は電話とインターネットになります。
インターネットの方が話さなくていいので簡単かもしれません。

新規アカウント登録

車検証を用意してこちらから予約してください。
https://www.kei-reserve.jp/pc/index.html

トップページ

「アカウント登録」を選択します。

軽自動車アカウント登録

アカウント情報入力

①登録するアカウント情報を入力します。

②利用規約の確認を行い、チェックします。

③「同意する」を選択します。

※「同意しない」を選択すると「トップページ」へ移動します

軽自動車アカウント登録

入力内容確認

①入力内容を確認します。

②「送信」を選択します。

軽自動車アカウント登録

アカウント仮登録完了

入力されたメールアドレスにアカウント仮登録メールが送信されます。

軽自動車アカウント登録

アカウント仮登録メール確認

受信したアカウント仮登録メールに記載されているURLを選択します。

※迷惑メール対策等によりメールの受信拒否設定をされている方は、

本システムのドメイン「kei-reserve.jp」を指定受信設定してください。

※アカウント登録完了画面が表示されない場合は、URLをコピーして

ブラウザーに貼り付けてアカウント登録完了画面にアクセスしてください。

軽自動車アカウント登録

アカウント登録完了

アカウント登録が完了し、アカウント登録完了メールが送信されます。

アカウントIDは登録されたメールアドレスです。「ログイン」を選択し、ログインしてください。

 

軽自動車アカウント登録

アカウント登録完了メール

アカウント登録完了メールを以下に示します。

軽自動車アカウント登録

ログインから予約へ

トップページ

「ログイン」を選択します。

軽自動車車検予約

.ログイン

①アカウントID(登録されたメールアドレス)とパスワードを入力します。

②「実行」を選択します。

※パスワードをお忘れの方は「パスワード再設定」を選択してください。

※[次回からのアカウントIDの入力を省略]にチェックを入れログインを行った場合、

次回以降ログイン時にアカウントIDが入力された状態となります。

軽自動車車検予約

ログイントップ

ログイン後、「予約」を選択します。

軽自動車車検予約

検査種別選択

「継続検査」(「新規検査・予備検査(中古車)」または「構造等変更検査」)を選択します。

軽自動車車検予約

都道府県選択

検査を受ける事務所の都道府県を選択します。

※2回目以降の予約の場合、本画面に過去に予約した事務所が表示されるため、

予約履歴から検査を受ける事務所等を選択できます。

軽自動車車検予約

事務所選択

検査を受ける事務所を選択します。

軽自動車車検予約

受検日時選択

ご希望の受検日、ラウンドを選択します。

[○]及び[△]が選択可能です。

軽自動車車検予約

車両情報入力

①自動車検査証(または自動車検査証返納証明書)の内容に基づき検査を受ける軽自動車の車両情報(車両番号と有効期間の満了する日)を入力します。

②「確認」を選択します。

軽自動車車検予約

予約内容確認

①予約内容を確認します。

②「完了」を選択します。

軽自動車車検予約

予約完了

予約が完了し、検査の際に必要な予約番号が表示され、予約完了メールが送信されます。

※「印刷用ページ」を選択すると予約内容の印刷用ページへ移動します。

軽自動車車検予約

予約完了メール

予約完了メールを以下に示します。

※迷惑メール対策等によりメールの受信拒否設定をされている方は、

本システムのドメイン「kei-reserve.jp」を指定受信設定してください。

軽自動車車検予約

印刷用ページ

印刷用ページを以下に示します。

軽自動車車検予約

電話でお問い合わせの場合はこちらからお住まいの都道府県をクリックして下さい。

https://www.keikenkyo.or.jp/about/about_000074.html
電話をする前に車検証を用意しておいてください。

まとめ

今回は、ユーザー車検の予約方法について?車を持ち込めばいいの?という事で書いてみました。

私もユーザー車検は1回か2回です。

しかも、その当時は予約などはなかったからですね!

予約制度になってからは、車検通したことないので記事を書いていて新鮮でした。

ユーザー車検代行業もたくさんあったのですが、最近はほとんど見なくなりましたね。

あってもそんなに多くないかと思います。

しかし、車検って簡単に受けれなくなったんですね。

今回、いろいろ聞いてビックリしました。

新車の値引き金額からさらに、50万安くなる裏技とは?

「車種を比較する時間がない・・・」 「値引き交渉したいけど、苦手だ・・・」 「新車を最安値で手に入れたい・・・」 「この車が欲しいが、予算オーバーだ・・・」 「車の売り込みが嫌だ~・・・」


など、新車を購入する時の悩みはたくさんあります。

しかも、相談する相手もなかなかいませんし、

聞いてもらってもお金をくれるわけではありません。

そんな方におススメの裏技を紹介します。
お金はもらえませんが、出費は減るかもしれません。 下取りは必ず一括査定サイトを使う事!
することはただ一つ

下取りは必ず一括査定サイトを使う事です。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社、

最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれます。

あなたがする事は、車検証に書かれている事と車の事を記入するだけ
車の査定を、めんどくさいと後回しにするのは損ですよ! 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました