エンジンオイルのグレードの違い!価格や規格、見方について!

オイル交換 オイル関係

エンジンオイルのグレードの違い!価格や規格、見方について書いていきます。

 

車のエンジンオイルは、車のもちと深く関与しています。

 

エンジン効率よく動かすため潤滑油の役目があってオイルがなければいくら高性能であっても動かせないのです。

エンジンオイルのグレードの違い!

エンジンオイルはいろいろな種類あって、どれ選べばいいかといったことが多いでしょう。

 

さらにエンジンの働きと深く関与するオイルですから、新しければ何でもいいというわけではないです。

 

数あるエンジンオイル中あなたの愛車あったのを選択できるように基礎知識など学びましょう。

 

そして、エンジンオイル購入時、グレードチェックするのが大事とされてますが、車そのものあまり詳しくなければエンジンオイルのグレードは値段の違いでは?

 

といったことがあるかもしれません。

 

高性能エンジンオイルになるほど価格高くなりますが、それをエンジンオイルグレードとは直接関係なくて、実際エンジンオイルグレードはオイル規格のことを言うのです。

 

いくら性能いいエンジンオイル使ってみても、車オイルにあったオイルでなくては意味がなくて、どういうオイルが自分に合ってるのか判断のための表示がオイルグレードです。

 

そしてエンジンオイルグレードチェックにはオイル缶に書かれてる規格表示チェックをしましょう。

エンジンオイルの価格の違い

エンジンオイル種類は3種に分けられていて、鉱物油や化学合成油や部分合成油です

 

地面穴掘り、そこから出てきた脂精製したオイルが鉱物油で、こまかな話になれば違うという方もいるでしょうが、大まかに言えばそうした感じです。

 

そしてこれは安いのが特徴です。

 

また、化学合成油は人がエンジンのため開発した人工的オイルであり、この特徴は人工的に作られたオイルで、不純物が入りません。

 

そして、鉱物油ベースに化学合成油混ぜたオイルで、性能と値段良いとこどりです。

 

そして、家近くのカー用品点は4リットル鉱物油約1500円ぐらいで、同じく4リットル化学合成油約4000円ぐらいでエンジンオイル売ってます

 

値段比べて3倍弱値段違います。

 

よくわからずカー用品店店員にどれがいいか相談したりするでしょうが、その時店員はこのような説明をすると思います。

エンジンオイルの規格の違い

エンジンオイルは企画等級や粘度があり、企画等級はエンジンオイルそのものの性能で、高性能エンジンは高性能オイルが必要になり、粘度はエンジンオイルがどの気温で使用可能かを示します。

 

オイルも温度低ければバターみたいに固まり、ガソリンエンジン用がディーゼルエンジン用か種類あります。

 

そして、エンジンオイル品質関して規格はapi規格、ilsac規格2つがあって、それぞれ頭文字に続くアルファベットと一緒にグレード示し、右のアルファベットと進むほど性能が高いのです。

 

そして、エンジンは年々性能向上しており、エンジン高い負荷耐えられるようになったことでもあり、高回転エンジンは燃料そのもの殻などから不純物が発生したりして、エンジンオイル規格化することで、どの程度不可耐えられるのかなど明確化が可能です。

 

そして、大事なポイントはオイル症状表す粘度であり広く普及してるsae粘度番号で判断します。

 

そして、ほとんどは季節により使い分け必要がないマルチグレードタイプといい、10w-40など2つの数字組み合わせで表示されるのです。

エンジンオイルの見方の違い

エンジンオイルの性能にかかわるオイル種類ですが、鉱物油や高vi鉱油、セミ合成油、フル合成油4種であり、セミ合成油は高vi鉱油年度特性、低温特性をさらに改良して、フル合成油に近い性能があるベースオイルで、省燃費性の実現、幅広いユース考慮していて、今後主流になるかもしれないです。

 

そして原油を蒸留して、生成したエンジンオイルが鉱物油で低コストですが、低温流動性、参加安定性などほかに比べて劣っています。

 

そして、高vi鉱油で今ベースオイル主流になっていて、鉱物油の弱点補ったものです。

 

エンジンオイルの主成分になる炭化水素を化学合成して、高い粘度指数、参加安定性優れた特徴なのがフル合成油でスラッジ生成少なくて添加剤効果高くてさいっ高品質ベースオイルになりますが価格が高いです。

 

そして、こうしたこと以外に注意したいのは自動車メーカー指定、推奨エンジンオイル使うのが基本といったことです。

まとめ

いろいろなエンジンオイル基準を紹介して、規格種類など興味深いものもあり、基本その車あったエンジンオイルがあって、取扱説明書をしっかり読んでください。

新車の値引き金額からさらに、50万安くなる裏技とは?

「車種を比較する時間がない・・・」 「値引き交渉したいけど、苦手だ・・・」 「新車を最安値で手に入れたい・・・」 「この車が欲しいが、予算オーバーだ・・・」 「車の売り込みが嫌だ~・・・」


など、新車を購入する時の悩みはたくさんあります。

しかも、相談する相手もなかなかいませんし、

聞いてもらってもお金をくれるわけではありません。

そんな方におススメの裏技を紹介します。
お金はもらえませんが、出費は減るかもしれません。 下取りは必ず一括査定サイトを使う事!
することはただ一つ

下取りは必ず一括査定サイトを使う事です。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社、

最大10社があなたの車の買取価格を勝手に競ってくれます。

あなたがする事は、車検証に書かれている事と車の事を記入するだけ
車の査定を、めんどくさいと後回しにするのは損ですよ! 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました