アフィリエイト広告を利用しています

水没車を売る時、告知する義務はあるのか?水没車の見分け方!

アフリエイト広告を利用しております

水没車を売る時、お客様に告知する義務はあるのか?

告知する義務が、実はあります。

だって、お客様に不利益になる事ですからね。

知らなかったと言って、売る業者が多いようですね。

業者用のオークションでは当然告知が必要です。

できれば、水没車を見分けられればいいんですけどね。

目次

水没車を売る時、告知する義務はあるのか?

水没車を売る際には、告知する義務があります。

民法の不法行為の規定によると、故意または過失により他人に損害を与えた者は、その損害を賠償する責任を負います。

2023年09月22日の読売新聞の記事
ビッグモーターに293万円返還命令…「注意義務を著しく怠った」

水没車を売却する際に、水没の事実を隠して販売した場合、購入者が水没車であることを知らなかったために損害を被った場合、販売者は損害賠償責任を負うことになります。

今までは、

お店の人

裁判までする人はいないだろう、裁判しても大して払う金額にもならないだろう。

と思っていた方も、ビックモーターの判例がありますので、なめていたら痛い目を見ます。

自動車公正取引協議会も以下のように示しております。

自動車公正取引協議会の見解

逆を言うと、水没車を売却する際には、水没の事実を必ず告知する必要があります

告知の方法は、基本口頭で行います。

特に、買取店に買い取ってもらう場合は特に注意が必要です。

黙って売って、オークションで発覚した場合

買取金額の返金
オークション会場までの輸送費
オークション会場でのペナルティの支払い

を支払わないといけません。

水没車を売却する際には、以下の点に注意しましょう。

水没の事実を必ず告知する
告知の方法は、書面や口頭で行う
告知を証拠として残しておく

黙っていて後でばれたら、かなり精神的苦痛を伴ってしまいます。

水没車の見分け方

それでは、中古車を買う時に、水没車の見分け方をいくつか紹介します。

異臭の確認

水没車は、浸水した水や汚れ、泥が車内に残っているため、異臭がします。

特に、エアコンやシート、内装材から異臭がする場合は、水没車の可能性が高いです。

普通の臭いにおいとは違う臭さがします。

水位線がついている

シートや内装に、水位線が残っていることがあります。

水位線は、水没した深さを示す目安となりますが、なかなか見つける事は難しいです。

サビがある

エンジンルームやボディなどに、上の方はサビや腐食がないのに、下の方だけサビや腐食が見られる場合、水没車の可能性があります。

水没車は、水に浸かってしまうと、当然サビや腐食が発生しやすくなります

まとめ

水没車を販売する場合、告知をする義務があります。

水没車を買取店に買ってもらう時も、告知する必要があります。

ただ、販売店が知らずに水没車を販売してしまう事もあります。

これは、業者用オークションでもおこりうる事で、私もドキドキしております。

特に、洪水やゲリラ豪雨など都心でもかなり起きておりますからね。

中商連オークションの場合、3ヵ月はクレームが効きます。

冠水車として申告していない場合になりますけどね。

買わないように気を付けていきたいです。

この記事を書いた人

大学を卒業後、某ディーラーで8年半
その後、独立し現在も車に関する仕事に携わっております。
トータル26年間、車関係の仕事をしている事に
昔から思っている事を書いておりますので、
メーカーや部品販売店の言われている事と違う事も多々あるかと思います。

目次