スバル GDB型インプレッサWRXSTiの足回り異音。原因と修理方法は?

インプレッサ GDB インプレッサ

スバルのインプレッサWRXStiにお乗りのお客様からの相談。

 

 

「段差で車の後ろからバコバコと音がする。」

 

WRXStiにお乗りなだけあって車への関心が強く、ご自身でも色々調べたがわからなくなったので診てほしいとのこと。

 

試乗してみると、

 

10~20km/hくらいの速度で段差に乗ると段差に合わせて車両後方から「バコッバコッ」という音が。

 

速度が出てくるとそこまで気にはならなくなりますが、低速域ではなかなか大きな音が出ています。

 

スポーツカーではありますが、さすがにこういった音が出るのは普通ではありません。

スバル GDB型インプレッサWRXSTiの足回り異音。原因は?

これは明らかにリヤの足回りでなにかがあるんだろう。ということで車両をリフトアップ。

 

サスペンションアームやハブのガタは見受けられませんでしたが、リヤタイヤを強く縦に揺さぶると・・・

 

「バコ・・・バコ・・・」とタイヤの奥のなにかが動く感覚がありました。

 

GDB型インプレッサ世代のリヤの足回りはストラット型といって、タイヤ上部を支えるサスペンションアームはありません。

 

ショックアブソーバーとコイルスプリングが一体になったストラットで支えています。

引用元:https://www.sti.jp

タイヤの奥のストラットを手でゆすってみると、同じ音がしました。

 

多少差はありましたが左右とも、ショックアブソーバー本体の軸にガタが出ているようです。

スバル GDB型インプレッサWRXSTiの足回り異音はこうして直した。

GDB型インプレッサWRXSTiのショックアブソーバーは通常のショックアブソーバーと違い、倒立式というショックアブソーバーが採用されています。

 

ストラット本体でタイヤからの応力を支えなくてはならないので、ショックアブソーバー自体を二重構造の様にして強度をあげているんです。

 

ずっと力がかかっている場所なので、走行距離が伸びてきたり、段差の多い環境を走っているといずれガタがでます。

 

ショックアブソーバーがガタを出すなんて・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、倒立式ならではの不具合ですね。

 

摩耗し、ガタが出てしまったショックアブソーバーは専門のお店にオーバーホールに出すか、別のショックアブソーバーに交換するしか修理はできません。

 

オーバーホールは時間がかかる上に修理中も運転したいとなると結局別のショックアブソーバーを用意しなければならず、二度手間になるので今回はショックアブソーバー交換での対応となりました。

まとめ

ショックアブソーバー=ヌケるという認識はかなり広まっていますが、ショック自体にガタがでるケースもあります。

 

今回の様にタイヤを縦横にゆすったとき、どちらにガタが出ているかで故障個所を見つけられる場合があります。

 

前述のとおりGDBインプレッサのショックアブソーバーは前後とも倒立式です。前後とも今回の症状が出る可能性があります。

 

また、GDBインプレッサが登場してからかなりの年月が経っているので、今回の症状が出ている車両は多く存在する可能性があります。

 

また、段差で足回りが音を出す例として、「スタビライザーブッシュのヌケ」や「スタビライザーリンクのガタ」、「サスペンションアームボールジョイントのガタ」、「ストラットアッパーマウントのガタ」など様々な例が考えられます。

 

今回のお客様の様に車の関心が強い方だと、ご自身で修理したい!

 

という方もいらっしゃるかと思いますが、原因の特定はなかなか難しく、ネットの情報がさらにそれを困難にしているかもしれません。

 

闇雲に部品交換を行う前に一度整備工場に相談した方が最終的には安上がりになることもあります。

 

 

また、中古車等で購入された方で今回に似たような症状の方は足回りのリフレッシュもご検討されてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました