スバルのアイサイトXの機能や値段はいくら?搭載される車は何?

アイサイトX 車の仕組みに関する事

スバルのアイサイトXの機能や値段はいくら?搭載される車は何?という事で書いていきます。

令和2年10月15日にレヴォーグに搭載されるアイサイトX!どのような新技術が使われているか解説していきます。

ドンドン進化しているアイサイトを実感してください。

スバルのアイサイトXは伊達じゃない!

今度、発売されるスバルのアイサイトXは、GPSや準天頂衛星「みちびき」による位置情報や3D高精度地図データを利用します。

アイサイトX

詳細な道路情報を内蔵した「3D高精度地図データ」組み合わせることで自車の位置を正確に把握します。

行く先々の複雑な道路状況まで認識することで正確な制御が可能になりました。

これにより自動車専用道路におけるアクセル・ブレーキ・ステアリング操作の運転支援領域を拡大しております。

あらゆるシーンで安心で快適なドライブを実現しました。

必要な情報を瞬時に得られる「12.3インチフル液晶メーター」を搭載するほかに、ドライバーの安全運転を見守る「ドライバーモニタリングシステム」とも連携しています。

アイサイトX

先進の機能を安心してお使いいただけます。

渋滞時のハンズオフアシスト

渋滞の運転負担を大幅に軽減する機能です。

「渋滞時ハンズオフアシスト」は渋滞時の疲れを大幅に軽減する機能です。

アイサイトX

渋滞などの低速走行時 作動条件が整うとハンズオフアシストが作動して、ステアリングを制御することでハンズオフをアシストします。

これによりドライバーが疲れる渋滞時でも気持ちに余裕を持って運転することができます。

渋滞時発進アシスト

渋滞時の再発進を楽にする機能です。

「渋滞時発進アシスト」は渋滞時の再発進を楽にする機能です。

渋滞時に停止し再び発進する時、ドライバーの操作なしで再発進します。

これにより停止と発進を繰り返す渋滞時のわずらわしさが、大幅に軽減されます。

アクティブレーンチェンジアシスト

車線変更を安心してスムーズにする機能です。

「アクティブレーンチェンジアシスト」は車線変更を安心してスムーズに行える機能です。

アイサイトX

ドライバーが方向指示器を操作し、システムが隣車線に車線変更可能であると判断した場合、ステアリングを制御して車線変更をアシストします。

どの席に座っていてもふらつきを感じさせない、安定した車線変更を提供します。

カーブ前速度制御

カーブでも安心して使える機能です。

カーブでもより安心・快適なレーンキープを実現する機能です。

カーブに入ってから急に減速するのではなく、カーブに入る前から曲がり具合に合わせた最適な速度まで減速、安全にカーブを通過します。

通過後は元のセット車速まで加速します。

料金所前速度制御

料金所を安全・スムーズに通過します。

「料金所前速度制御システム」は料金所を安全かつスムーズに通過するための機能です。

アイサイトX

料金所が近づいてきたら、システムが最適な車速まで減速、安全にゲートを通過します。

通過後は元のセット車速まで加速します。

ドライバー異常対応システム

万が一の異常に備えての機能です。

「ドライバー異常時対応システム」は、ダイバーに万が一の異常が起きた場合に備えた機能です。

アイサイトX

ハンズオフアシスト中の前方不注意またはツーリングアシスト中の手放しを検知した場合、音と表示でステアリング操作を促します。

それでもステアリング操作がない場合はドライバー異常と判断、レーンキープ制御をできる限り継続しながら、ゆっくりと減速・停止します。

その際は、ハザードランプやホーンで周りにも注意を促します。

アイサイトX

アイサイトXの金額はいくらなの?

ここまで紹介してきたアイサイトXですが、お値段はいくらなのか気になります。

アイサイトX

ズバリ、アイサイトXの値段は35万円プラスになります。

上記の機能で、35万円ですとちょっとお高い気もしますが、

コネクティッドサービス(SUBARU STARLINK)と11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ(ナビ)も含まれての金額ですので当然と言えば当然かもしれません。

アイサイトX

コネクティッドサービス(SUBARU STARLINK)は緊急時に色々助けてくれるシステムになっております。

アイサイトX

アイサイトXを搭載している車は?

現在、令和2年10月10日現在では、10月15日に発売が決定しているレヴォーグに搭載され、これから、随時、搭載されていくのではないかと思われます。

まとめ

アイサイトXについて調べてみました。

現在、まだ発売されていませんので、何とも言えませんが、令和2年10月15日にレヴォーグから搭載されます。

ますます、自動運転がまじかに迫ってきている感がしますね。

アイサイトXで言われていますが、自動運転ではないと言われていますので、操作は気を付けてください。

アイサイトが益々、進化しているのを知ることができました!

愛車は必ず一括査定サイトで金額を!
愛着のある車なら、ディーラーでは30万円の下取りでも、買取業者では80万円になることもあなたの愛車を数社で競って、勝手に値段が吊り上がります。 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました