酒気帯び運転の罰則と初犯の時は?酒気帯び運転はすぐに逮捕される?

酒気帯び運転の罰則と初犯の時は?酒気帯び運転はすぐに逮捕される? 取り締まり関係

酒気帯び運転の罰則と初犯の時は?酒気帯び運転はすぐに逮捕される?という内容で記事を書いていきます。

酒気を帯びていると罰則があり、口の中にあるアルコールを検査します。

検査した結果少しでもあると酒気帯び運転として、罰則を受けなければなりません。

罰則を受けないようにするにはどうしたらいいかというと、酒気を帯びたまま運転しなければいいです。

簡単に言うと「飲んだら乗るな」ですね。

また、酒気帯び運転は他の車にとっても迷惑だし歩いている人にとっても迷惑です。

酒気帯びで子供を乗せたりしたら子供にも支障が出るかもしれません。

酒気帯び運転ですから単独で交通事故を起こすかもしれないからです。

事故を起こしたら子供は重症な怪我を追い、どこかに入院することもあります。

入院すると勉強も出来なくなり生活に支障をきたしますからね。

酒気帯び運転の罰則は

酒気帯びたまま運転したときの罰則はとても大きいものになります。

昔は、酒気を帯びて運転しても免許がなくなることはありませんでした。

しかし、世間では一向に酒気を帯びたまま運転する人が減らず、罰則が重くなりました。

今ではお酒を飲んが量がどんなに小さくても1回運転するだけで免許はなくなります。

酒気が0.15から0.25ミリ検査されると13点、0.25以上だと25点、これ以上に酷いと35点点数がなくなります。

免許がなくなるのは6点以上点数を受けたときになります。

13点なら免許停止が90日間だけで済みますが、25点や35点になると免許がなくなります

もし、この酒気がある状態で誰かを事故して亡くした場合、牢屋で過ごさなければいけなくなります。

基本的には7年以下牢屋で過ごすか、100万円以下お金を支払わなければいけません。

正常な運転が出来ないと分かっていて運転をした場合、牢屋で20年過ごすこともあります。

罰則を受けないようにするためにはどうしたらいいかというと、何度も言いますが、お酒を飲んだ時は運転しなければいいんです。

酒気帯び運転の罰則の初犯について

酒気を帯びて運転したときに初犯ときと再犯のときと少しだけ罰則が異なります。

初犯の場合は罰金か執行猶予のどちらかになります。

執行猶予とは酒気帯びて運転したときに罰がつきますが、期間中に違反も何もなければ酒気を帯びたときの違反は無効とされます。

無効されるのは1回だけであり、2回目からは再犯になります。

また誰かを亡くしたのではなく事故だけだったら罰金だけで済むこともあります。

誰かを亡くした場合、初犯はどうなるかというと、懲役になる確率もあります。

だから初犯をしてもいいと考える人もいますが、裁判がきちんとあるため裁判を通しての判断によります。

確実に牢屋で過ごさないという確実な意見もないし、死刑にならないという確実な意見もありません。

また事故を犯された人がとても悲しんでいる場合は初犯でも重くなります。

子供は親の愛情を受けて育たずに生きるのはとても大変です。

子供のことを考えると初犯を起こすのも辞めるように努力しなければいけません。

完全に酔っていると裁判は避けることが出来ません。

酒気帯び運転の運転はすぐに逮捕される?

すぐ捕まる場合と捕まらない場合と両方ありますが、人を亡くした場合はすぐに捕まります。

ただし酒酔いではなく酒気を帯びているのみならすぐに捕まる可能性は少ないです。

まず最初にすることは酒気の検査をし、酒気があると息をかけたときに使っている液の色が変わります。

色が変わったときに酒気を帯びたまま運転と警察が見なし、免許を出して取り上げてしまいます。

通常はこの流れで済みますが、場合によっては次に裁判があります。

捕まえる前に自宅に訪問し、犯人と連絡を取ります。

犯人がどこかいなくなった場合は捕まえますが、きちんと自宅から出てくれば捕まる可能性も少ないです

捕まらないからと言い反省している様子もないと被害者からも裁判をやり直したり苦情もあります。

警察は、どうして事故をしたのか反省しているのか様子を見て捕まえるかどうかも判断します。

警察のことをよく聞いている様子でこれから大丈夫だと判断すると捕まえることを辞めます。

ただし再犯の方が罰則が強くなるため、意見を聞いていても捕まる可能性はあります。

初犯ならすぐ捕まる確率も少ないです。

まとめ

本当に酒気が帯びて強い状態だと酒気も帯びていますが、飲酒運転という罰則もつきます

罪が軽いときは酒気帯びだけで済みますが、見た目で飲んだことが分かる状態だと罰則はとても重いです。

酒気を帯びて運転する場合どうしたらいいかというと、歩いて帰るか電車で帰る、ホテルに泊まるなど工夫するようにするのがいいです。

子供と一緒にいる場合はどこか休めるところで休めて酒気が少なくなったら歩いて帰るのもいいです。

また自宅でお酒を飲むのも酒気帯び運転を予防する1つの方法になります。

外に行くと帰る時間や距離もあるし大変です。子供は学校で勉強しているし、勉強の差し支えになると困るから、子供にも思いやりを持つようにします。

下取りは必ず一括査定サイトを使う事!
下取りは必ず一括査定サイトを使う事!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。


あなたの車を勝手に競って、値段が吊り上がります。 値段が上がればあなたの出費は減りますよね。 車査定

コメント

タイトルとURLをコピーしました