車両保険の等級について、等級ダウンとは

車両保険の等級について、等級ダウンとは 保険に関する事

自動車保険に入っている方は多いと思います。

自動車保険の「車両保険」という補償はご存知ですか。

自動車保険の中で有名なのは、対人賠償、対物賠償、など、相手に対する弁償のための補償ですが、自分の車の損害のための「車両保険」も重要です。

後ろからぶつけられたようなケースでもない限り、多少はこちらにも落ち度があるため、自分の車の損害は相手からの賠償だけでは修理できません。

比率分を自分で出さなくてもいいようにするための保険が「車両保険」です。

ただ、この「車両保険」を使って自分の車の修理代に充てる時に気にしていただいた方がよいのは「等級」という自動車保険制度です。

 車両保険の等級について

あなたの自動車保険の証券をご覧ください。

保険

「ノンフリート等級」という、1から20までのいずれかの数字がありませんか。

これが自動車保険における「等級」です。

無事故なら数字が年々進んでいき、無事故の方を優遇する制度になります。

一番最初は6等級から始まります。

6等級が1年間無事故なら7等級に、さらに1年間無事故なら8等級に、という具合に、20等級まで進みます。

「等級」ごとに、保険料(掛け金)の割引率が決まっています。

等級が進むごとに割引率が高くなり、保険料が安くなっていきます。

例えば7等級だと30%引の保険料が、20等級まで進めば63%引、つまり半額以下になります。

この割引。

自動車保険のうち、車両保険だけでなく、対人や対物という衝突相手に弁償をするための保険にも利きます。

長く事故を起こしていないほど自動車保険の掛け金が少なくなります。

ほとんどの保険会社で同じ等級と割引率を使っています。

そのため仮に保険会社を毎年変えても損はしません。

それまで12等級だった方は、無事故で他の保険会社に移っても13等級で契約できるわけです。

実は保険会社の間で、等級と事故の有り無しが確認し合える仕組みがあるからです。

車両保険の等級ダウンについて

しかし、残念ながら事故を起こしてしまった場合は、この「等級」が下がってしまいます。

保険

例えば、「車どうしの追突事故」を1回起こしてしまうと3等級落ちる、といった具合です。

12等級だった方は翌年9等級に「3コマ戻る」わけです。1年に2回起こしてしまうと6コマ戻ります。

これは、他の保険会社に変わったとしても同じです。

一旦、12等級から9等級に下がると、コマの遅れを取り戻すのに3年かかります。

その後、無事故を続けたとしても、9⇒10⇒11⇒12、というように、もとの12等級に戻るのに3年かかるというわけです。

しかも、この間の3年間、保険料は高くなります。もともと9、10、11等級は12等級よりも割引率が低いのですが、この、「コマの遅れを取り戻す」間の9、10、11等級は、通常の9、10、11等級より、割引率がさらに低いのです。

車両保険を使わない、相手に弁償をするような対人対物の事故でも、同様に3等級落ちます。

一方、洪水や落書きなど一部の事故の場合は1等級しか下がらなかったりするなど、ケースによって異なります。

もし事故が起きたら、保険会社や代理店にご確認いただくのがいいでしょう。

車両保険を使うか使わないかの判断について

事故の際に果たして自車の修理に自分の保険を使うべきか使わないか悩みますよね。

保険

修理代に保険金を3万円もらっても100万円もらっても、同じく3等級落ちるのですから。

翌年から3年間掛け金が高くなるだけでなく、その先もずっと周回遅れが続くので、長い目で見て、もらった保険金よりも高くなる掛け金の方が多くなる可能性もあります。

例えば、12等級の人は、保険を使わなければ、13⇒14⇒15⇒16⇒17・・、と等級が進んだかも知れないところ、保険を使えば9⇒10⇒11⇒12⇒13・・と、ずっと4コマ遅れたまま進むわけです。

将来を合計すれば数万円の差が出るかも、です。

事故で自分の車の修理代が20万円かかったとしましょう。

相手の保険会社が12万円修理代を払ってくれたとしたら、自分の落ち度分である残り8万円の修理代をどうするか。

自分の車両保険を使ってもいいですが、例えば免責金額3万円という契約だったら出る保険金は5万円です。

この5万円をもらった方が得なのか、もらわずに等級を進めた方が得なのか、契約によるため一概には言えません。

事故の時に、保険会社や代理店にご相談いただくのが一番です。

まとめ

万が一のための保険なので、事故で使うのは当たり前のことです。

保険

ただ、「等級」の仕組みを理解すれば、事故の大きさによっては、敢えて使わず、大きな事故のために掛け金を有効に活用する、という選択肢もありえるということが分かってきます。

自動車保険はなかなか分かりにくいところがあります。

この「等級」に限らず、どんなことでも、あるいは事故が起きても起きなくても、自分が入っている保険会社やその代理店にいろいろ聞いてみることです。

いざという時に守ってもらうからこそ意味のある保険。

うまく活用していければ、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました